Cole Clark CCFL2EC-BR

¥219,000

2001年に誕生した"Cole Clark"は地元であるオーストラリアの木材を中心に使用して製造されており、トラディショナルな技術を受け継ぎながらも、現代的な視点で個性的なアコースティックギターを制作するブランドです。

独自のコンセプトと高い技術力、そのナチュラルで独特な個性を持つサウンドとルックスにより人気を集めており、頑丈な構造、エレアコとしての高い性能面においても注目されており、Jack Johnson、Ben Harper、Lloyd Spiegel等のアーティストにも愛用されています。

ドレッドノート・タイプの"Fat Lady 2"シリーズの1本である本器は、低域がクリアなバランスの良い音響性能を持つBunyaをトップに使用しており、スプルースと比べて2割ほど硬く、音の伸びが得られる特性によりスラム奏法にも最適とされ、"Cole Clark"のトップ材として最も人気があります。

サイドとバックにはIndian Rosewood、ネックにはマホガニーに似た外観と音響特性を持つQueensland Mapleが使用されており、指板とブリッジもIndian Rosewoodというマテリアル構成になっております。

またサドルの底にそれぞれ6つのピエゾを仕込むことにより各音域を絶妙にブレンドし、より自然なナチュラルトーンを再現するオリジナルのピックアップシステムと、特にスラム奏法等に効果的なトップの振動をキャッチするフェイスセンサー、更にエアー感や倍音感を演出するコンデンサーマイクを搭載しており、それらをアナログ3WAYシステムにより、シンプルにコントロールする事が可能になっています。

新進気鋭のブランドが生み出した、個性的な高性能エレアコです!!

*細かな傷やパーツのくすみはございますが、フレットもほぼ減っておらず、ピックガードのフィルムもまだ残っており、比較的良いコンディションを保っているオススメの1本です。

■ フレット残り:9割程度
■ ネック状態:ストレート
■ トラスロッド:締め方向にも緩め方向にも余裕あり
■ ナット幅:約44mm/1.73”
■ スケール:12fで約324mm
■ 音詰まり/ビビり等:特に無し
■弦高:12fで1弦側約2.0mm、6弦側約2.5mm
■サドル高さ残り:1弦側約3.1mm、6弦側約2.5mm

Body Top Wood: Solid Bunya
Side Wood:Indian Rosewood
Back Wood:Indian Rosewood
Number of Frets:20f
Neck Wood:Queensland Maple
Fretboard Wood:Indian Rosewood
Bridge: Indian Rosewood
Weight:2.3㎏

※商品の状態を正確にお伝えできるよう確認いたしておりますが、演奏感や状態については当方の主観となります。
通常の演奏においても、演奏方法によって状態の感じ方について違いが出る場合もございます。
※トラスロッドについて、商品保護の観点から締め方向、緩め方向共に45度程度までのチェックとしております。「余裕あり」の表記がある場合は両方向に45度の余裕があることを示しております。
※記載および掲載の内容は、出品時点でのものとなりますので、時季・経年等の環境により、若干の変動がある場合がございますので、予めご了承ください。

■注意事項
・画像および文章等の無断転載はこれを固くお断りさせていただきます。
・付属品に関しましては写真に記載のあるもの、ページ内「付属品」に記載のあるもののみとなります。
・店頭でも同時販売を行っており、タイムラグにより、既に売り切れや商談中となっている場合がございます。
・一部商品では配送時間帯の指定に対応いたしかねます。
・その他気になる点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

You may also like

Recently viewed