Martin D-35 1974年製

¥233,000

1965年から販売が開始されたD-35。
ボディ裏が従来の2ピースから3ピース構造となり、1/4インチの細いブレイシング構造を採用したことによる優しく繊細な音色と、印象的なルックスが特徴の根強い人気を誇るシリーズです。

本器が作られたフォーク全盛期のこの時代、日本では吉田拓郎等の多くのシンガーソングライター、ミュージシャンに愛用されたイメージが強い?-35ですが、イーグルスのグレン・フライや当時のアイリッシュ・ブルースロックを代表するロリー・ギャラガーといったギタリストにも使用されています。

こちらの個体は当時のレコードでも聞けるような、70年台のMartinに共通する力強さが有りながらも、ヴィンテージの風合いをも感じる、柔らかく温かい、豊かな鳴りを持つ音色が特徴的です。

主観ではありますが、3フィンガーやアルペジオ奏法だけでなく、パワフルなストロークやブルージーな奏法にも対応できる力強さも感じられ、フィンガースタイル、フラットピックでの演奏、ソロギターは勿論のこと、バンドアンサンブルの中でも幅広くポテンシャルを感じることができる印象のギターです。

細かな傷や、小さな打痕等もございますが、ボディに入った細かな塗装クラックも相まって、ヴィンテージの風格を醸し出しております。

オリジナルのブルーケース(ケース下部の留め具が一部破損)が付属致します。

【 商品状態 】
・トップやや膨らみ気味
・ボディに塗装クラック、小さな傷、打痕がございます(画像を参照下さい)
・ハードケース下部の留め具、1ヶ所パーツ破損あり

■ フレット残り:ローフレット側やや減り気味、全体的で残7〜8割り程度
■ ネック状態:12fまでほぼ真直、15f以降で腰折れ気味
■スクエアロッド
■ 弦高:12f 1弦 2.5mm 6弦 3.0mm
■ ナット幅 43mm
■ スケール:25.4インチ(645.2mm)
■サドル高さ残り:6弦側約2.8㎜、1弦側約2.5㎜

Body Wood:Sitka Spruce
Side Wood:Indian Rosewood
Back Wood:Indian Rosewood
Number of Frets:20
Neck Wood:Mahogany
Fretboard Wood:Ebony
Weight:2.15kg

You may also like

Recently viewed